FC2ブログ
プロフィール

第三社労士

Author:第三社労士
小売業・サービス業・塾講師などで勤務してきた平凡な人間が、社会保険労務士となり奮闘している雑記です。塾の運営、学習塾選びのポイントなど記述していきます。

PRです
兄弟姉妹サイトです。
『 普通の社労士が独立したら 』

社労士として独立開業してから得られた 『 社労士関連 』 『 他士業との連携 』 『 求人・起業・転職 』 『 各種業界の裏情報 』 等の「お役立ち情報」について書いてます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
feedly
follow

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

授業内容の変化と危険性 ④

2018/02/16 18:42:24 | 授業内容の変化と危険性 ① ~ ⑦ ( 終 ) | コメント:-件

これから記述していくことについてですが、
※塾側としては、本部などの意向がありますからどうしようもありませんので、
 そこで勤務している講師等に責任はほとんどありません。
※塾選び(保護者側)のために有効なこととして書いていこうと思います。
ということを理解して頂くと助かります。



(2) 講師が若い学生講師かどうか
新規テーマに関しては、担当講師がきっちりと教育を受けて、
模擬授業などを行なっているかどうかが重要

と前述しましたが、

もしも塾が、新規テーマ(新コンテンツ)を育てて(大事にして)いこうとする方針であれば、
授業を継続していくために、当然、生徒獲得にも力を入れますので、
生徒獲得のためには、「生徒数の増減に無頓着なことの多い学生講師」より

自分の給与等待遇に直接関わってくる
その塾の正社員が授業を受け持つことが多い  です。
よって、担当講師の年齢を気にすることも必要です。

 ただし、今のトレンドである 『 ロボット 』 『 プログラミング 』 の授業は、
開催しているほとんどの塾が「小学生対象」としていることが多く、
「なるべく生徒と同じ目線で話せる講師の方が、授業中のコミュニケーションが
円滑になるだろうから、学生講師で授業をさせることにしよう」
という考えの塾もあると思いますので、年齢は、一つの目安として考えて頂ければと思います。




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。