プロフィール

第三社労士

Author:第三社労士
小売業・サービス業・塾講師などで勤務してきた平凡な人間が、社会保険労務士となり奮闘している雑記です。塾の運営、学習塾選びのポイントなど記述していきます。

PRです
兄弟姉妹サイトです。
『 普通の社労士が独立したら 』

社労士として独立開業してから得られた 『 社労士関連 』 『 他士業との連携 』 『 求人・起業・転職 』 『 各種業界の裏情報 』 等の「お役立ち情報」について書いてます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
feedly
follow

生徒達との話題 ④

2018/02/22 19:07:00 | 生徒達との話題 ① ~ ⑤ ( 終 ) | コメント:-件

(2)ゲーム(男の子が中心)

 (男子)学生といえば、マンガと並んで話題になるものが「ゲーム」です。
こちらもマンガと同じように、私たちの時代から続いている
『 ドラゴンクエスト 』 『 ファイナルファンタジー 』 『 ファイヤーエムブレム 』 などが、
コミュニケーションをとりやすいコンテンツになりますが、
その他でも、汎用性の高いネタになり得るものがあります。

それは、戦争ゲーム です。
男の子はやはり 『 闘い 』 『 武器 』 がいつの時代も好きなので、
そういったゲームがネタになることが大変多く、
今も、「PUBG」というオンラインゲームをやっている生徒を数名知っています。

ただ、「PUBG」をちょっと調べてみると
『 オンラインゲーム 』 であり 『 今どきの戦争ゲーム(FPS) 』 というキーワードが出てきますので、
ちょっととっつきにくいなあ・理解するのは難しいそうだなあ、
と考える方も多いと思います。

ただ、 戦争ゲームというのは、今も昔も根本的なことは同じ で
『 近距離攻撃か遠距離攻撃か 』 『 単独でやるか徒党を組むか 』
ということは変わっていません。

なので、そういったことについて生徒の好み等を聞きながら会話をすれば、
どんなタイトルのゲームであっても会話が途切れることは無いと思います。

※ ただし、この「戦争」というテーマは、ある意味デリケートな話題でもありますので、
 話す場所・声の大きさ、そして残虐性に対する懸念などに注意しながら会話することは必須です。





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加