FC2ブログ
プロフィール

第三社労士

Author:第三社労士
小売業・サービス業・塾講師などで勤務してきた平凡な人間が、社会保険労務士となり奮闘している雑記です。塾の運営、学習塾選びのポイントなど記述していきます。

PRです
兄弟姉妹サイトです。
『 普通の社労士が独立したら 』

社労士として独立開業してから得られた 『 社労士関連 』 『 他士業との連携 』 『 求人・起業・転職 』 『 各種業界の裏情報 』 等の「お役立ち情報」について書いてます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
feedly
follow

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

授業内容の変化と危険性 ⑤

2018/02/27 18:55:16 | 授業内容の変化と危険性 ① ~ ⑦ ( 終 ) | コメント:-件

(3)体験授業を重ねた際に、その都度講師が変更していないか。
これは、 『 ロボット 』 等のテーマだけでなく、 『 体験授業 』 全般に関しても言えることですが、
ある塾において、数回の体験授業を受ける場合に、
その授業ごとに様々な講師が対応している場合(授業ごとに講師が変わっている場合)、
(ただし、内容が違う場合、一回目数学・二回目英語など、のときを除く)は、
その塾は人手不足の状態だ ということが多いです。

 塾業界も他業界と同じく人手不足が深刻でして、特に 『 女性講師 』 が不足している塾が多いので、
体験授業で通塾している際に、講師の控室などをちょっと窺ったりすることで
在籍している講師の人数や、性別などを探ると良いかもしれません。

(4)体験授業の後の保護者面談の内容
前述したように、ある塾が、新しいコンテンツを育てて(大事にして)いこうとするのであれば、
当然、生徒獲得に力を入れます。

ただ、塾が新しいコンテンツを導入する場合というのは、
『 新しいコンテンツで生徒を集め、その生徒を既存のコンテンツに流す 』
という、もう一つの狙いを持っているときもあります。

つまり
生徒を獲得するための一つのきっかけとして
新しいコンテンツを導入している

ということです。




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。