FC2ブログ
プロフィール

第三社労士

Author:第三社労士
小売業・サービス業・塾講師などで勤務してきた平凡な人間が、社会保険労務士となり奮闘している雑記です。塾の運営、学習塾選びのポイントなど記述していきます。

PRです
兄弟姉妹サイトです。
『 普通の社労士が独立したら 』

社労士として独立開業してから得られた 『 社労士関連 』 『 他士業との連携 』 『 求人・起業・転職 』 『 各種業界の裏情報 』 等の「お役立ち情報」について書いてます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
feedly
follow

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

本当に、『学力向上は授業時間の長さに比例する』のか(5)

2011/12/22 18:59:30 | 学習塾運営など | コメント:0件

 その話をしてくれた講師によると、
講師自身としてもその年度はとても良かったそうです。
なぜなら、前任者の時には、週五日で授業しなくてはいけない
シフトを組まれていて、
大学のレポート提出などに悪影響を及ぼしていたので
そのままだと今年度は辞めるつもりだったそうで、
今年は単位もきっちり取得できて助かったとのこと。
 これを聞くと、基本は講師が望まない限り
体力的な、講師自身のプライベート的なものから
勤務シフトは週2~3日に抑えておくべきだと思いました。
また、あまりに少数の講師を重宝してしまうと
その講師が辞めた後の穴が大きすぎる(担当している授業の穴埋めだけでなく
生徒が後を追って退塾してしまうなどの可能性あり)ので
塾運営の観点から考えると、講師は出来るだけ多人数所属させておくべき
だと思います。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。