プロフィール

第三社労士

Author:第三社労士
小売業・サービス業・塾講師などで勤務してきた平凡な人間が、社会保険労務士となり奮闘している雑記です。塾の運営、学習塾選びのポイントなど記述していきます。

PRです
兄弟姉妹サイトです。
『 普通の社労士が独立したら 』

社労士として独立開業してから得られた 『 社労士関連 』 『 他士業との連携 』 『 求人・起業・転職 』 『 各種業界の裏情報 』 等の「お役立ち情報」について書いてます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
feedly
follow

営業活動を見える化する 「 校門配布等④ 」

2018/03/18 10:32:57 | 校門配布等での自塾アピール ① ~ ⑨ ( 終 ) | コメント:-件

まずは、校門配布をしようとする学校に
直接訪問してお願い しましょう。
これは、絶対に行なって欲しいことで、
決して電話で許可を取ろう とは考えないでください。
これは何故かと言いますと、皆さんが「学校側の人」だったら
当然考えることですが、
まず、電話だと(業務で忙しい時間帯だったりすると特に)
実際に許可してくれる人物(校長など)まで
取り次いでくれない可能性があります。

日常業務で忙しいときに、時間を割いてまで外部の人間と話をする、
なんてことはするはず無いですし、当たり前ですね。
ですが、直接学校まで訪問した人に対しては、そういった対応をしにくいです。

また、電話越しでは、皆さんの人間性などがあまり伝わりません。
そんな人に、校門配布を許可するかといったら、
許可される可能性が低くなるのは当たり前かと思います。

声質である程度は想像がつきますが、やはり、
視覚から得られる情報のほうが、その人に関するイメージを決めることに
大きく関与します。

塾運営をしている人にとって、わざわざ学校を訪問することは
手間暇がかかってしまいますし、全然知らない方(校長など)と
コミュニケーションを取らなくてはいけないと考えると、
気が進まないかもしれませんが、
それに見合う結果がついてくることも多いので、頑張って頂ければと思います。

現代のようにデジタル化が進んで、大変便利な世の中になったとしても、
営業では昔ながらのやり方でも成果は上げられる と、
私のような古い人間は言いたいです。




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加