FC2ブログ
プロフィール

第三社労士

Author:第三社労士
小売業・サービス業・塾講師などで勤務してきた平凡な人間が、社会保険労務士となり奮闘している雑記です。塾の運営、学習塾選びのポイントなど記述していきます。

PRです
兄弟姉妹サイトです。
『 普通の社労士が独立したら 』

社労士として独立開業してから得られた 『 社労士関連 』 『 他士業との連携 』 『 求人・起業・転職 』 『 各種業界の裏情報 』 等の「お役立ち情報」について書いてます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
feedly
follow

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

営業活動を見える化する 「 校門配布等⑥ 」

2018/04/13 17:35:03 | 校門配布等での自塾アピール ① ~ ⑨ ( 終 ) | コメント:-件

と、このように前述する ( ) と
「どうやって校長などの人となりを知るのか」
という疑問が出てくるかと思うのですが、 それは、その学校に通っている塾生や塾生の保護者から
情報を集めることが効率的 (それしかない) と思います。

また、校門配布をする時間帯と場所は、
自塾の生徒が登校しているところを狙ったほうが良い です。
生徒 (若い人間) は、朝早くだとしても大変元気で、
(理由は分かりませんが)校門配布中の塾長や塾講師を見ると、
凄いハイテンションで絡んでくることが多いです。

そうすると、その状況を見て (塾関係者とのじゃれ合い?)、
他の一般の生徒達も自塾に興味を持ってくれたり、
教室に入ってから、塾生に「あの塾ってどういう雰囲気なの?」
のように聞いたりしてくれます。

営業は、子供も大人も同じで、
全然知らない人から勧められるよりも、
自分の知り合いから勧められたほうが成約しやすい

ですから、校門配布の効果がさらに高まります。

ですので、校門配布という営業方法は、
塾開校時に行なうのではなく、
ある程度塾生が集まってきてから行なう
ことが良い結果を生むと思います。




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。