プロフィール

第三社労士

Author:第三社労士
小売業・サービス業・塾講師などで勤務してきた平凡な人間が、社会保険労務士となり奮闘している雑記です。塾の運営、学習塾選びのポイントなど記述していきます。

PRです
兄弟姉妹サイトです。
『 普通の社労士が独立したら 』

社労士として独立開業してから得られた 『 社労士関連 』 『 他士業との連携 』 『 求人・起業・転職 』 『 各種業界の裏情報 』 等の「お役立ち情報」について書いてます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
feedly
follow

営業活動を見える化する 「 校門配布⑦ 」

2018/04/28 10:58:38 | 校門配布等での自塾アピール ① ~ ⑨ ( 終 ) | コメント:-件

さらに、校門配布をする日時と場所についても
下見をするなどもしておいたほうが良いと思います。

( 1 ) 日時
学校の定期テスト期間前や期間中は絶対に避けましょう。
また、出来れば学校行事がある日も避けた方が良いです。

( 2 ) 場所
当然昇降口の近くで行なうことが一番効率は良いのですが、
学校によっては、昇降口付近では「生徒会」や「委員会」が
挨拶運動などを行なっていたりするので、
その付近で配布するということを嫌う学校が多いです。

( 3 ) その他
学校によっては、毎朝「生徒を車で送り迎えする」
保護者が多い場合もありますので、
送迎に良く使われている道路や場所付近、
また、車が多い時間帯での配布も避けた方が良いです。

(1)~(3)を考慮して校門配布をすることは、
学校周辺が混雑することを避けるために必要な事です。

そういったことを考慮しながら、校長などと交渉したり
会話をしていくと「細かい気配りが出来る塾長」
という印象になり、許可が下りやすいです。

また、「校門配布をどこの学校で行なうか」ということについては、
「塾からの場所の近さ」などを考えるよりも、
まずは中学校・高校という年齢のくくりで行なうと良いと思います。

何故なら、小学校は、前述した( ① )ように、
あまり校門配布に関して良い顔をするところがありませんし、
保護者側でも、知らない大人が自分の子供に接触することを
好む人は少ないからです。

また、最近では
「 通塾は、学校での知り合いが少ない塾にする 」
と考える家庭が増えてきた (=車送迎で通塾する)

ので、自塾の所在地からの距離については、あまり考慮しなくて良いと思います。




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加