プロフィール

第三社労士

Author:第三社労士
小売業・サービス業・塾講師などで勤務してきた平凡な人間が、社会保険労務士となり奮闘している雑記です。塾の運営、学習塾選びのポイントなど記述していきます。

PRです
兄弟姉妹サイトです。
『 普通の社労士が独立したら 』

社労士として独立開業してから得られた 『 社労士関連 』 『 他士業との連携 』 『 求人・起業・転職 』 『 各種業界の裏情報 』 等の「お役立ち情報」について書いてます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
feedly
follow

営業活動等を見える化する「 校門配布など⑨ 」 ( 終 )

2018/05/17 14:25:47 | 校門配布等での自塾アピール ① ~ ⑨ ( 終 ) | コメント:-件

(2)フリーマーケットの利用
各地で毎月のように開催されている、地元のフリーマーケットで営業活動をしている
という方もいらっしゃいました。 売るものは何かといいますと、「小学生~中学生までの(自作)テキスト」ですが、
もちろん、このテキストを販売して売り上げをあげ、
自塾の運営資金にすることが主目的では無いです。

では何が目的かといいますと、それは
この地域に、自塾が存在していること
個人塾の塾長の人となりを分かってもらうこと

です。

ですので、大事なこととしては、
『 上記のテキストが凄い(内容の濃さ・着眼点など)こと 』と、
その場所で、みんなに興味を持ってもらえるような
『 ちょっと面白い問題を実践すること 』です。

なので、「ワークショップ」を開催するというイメージを持っていただくと
分かりやすいかもしれません。

一番は、ぜ○じろう先生のように、誰でも驚くような
視覚的に分かりやすい実験を行なうことが良いのですが、
中々そういったことは(時間的に・場所的に・費用的に)制約があり
出来なかったと言ってました。

ですので、その方は、自分の店の前のスペースに、
飲食店の前にメニューを書いておいてあるような
スタンド看板を置いて、そこにマッチ棒パズルを載せ、
「この問題が解けるかな?」のような感じで置いておくことで、
歩いてきた人が興味を持って足を止め、話しかけてくれるような
仕組みを作っているそうです。

そして、足を止めてもらったらその方に対して、
自塾の雰囲気が分かるチラシ ( ) の
ようなものを渡すと、さらに効果は高まるとのことでした。


今回は、個人塾の営業について「校門配布」を中心に記載しました。
教育産業といっても、教育だけでは運営出来ませんので、
営業活動についても嫌がらず頑張りましょう。


また他のテーマも読んで頂くと幸いです m(_ _)m




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加