FC2ブログ
プロフィール

第三社労士

Author:第三社労士
小売業・サービス業・塾講師などで勤務してきた平凡な人間が、社会保険労務士となり奮闘している雑記です。塾の運営、学習塾選びのポイントなど記述していきます。

PRです
兄弟姉妹サイトです。
『 普通の社労士が独立したら 』

社労士として独立開業してから得られた 『 社労士関連 』 『 他士業との連携 』 『 求人・起業・転職 』 『 各種業界の裏情報 』 等の「お役立ち情報」について書いてます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
feedly
follow

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

営業活動を見える化する 「 他塾との差別化(3) 」

2018/06/09 11:55:11 | 他塾との差別化 ① ~ ② | コメント:-件

〇自塾の「地域No1分野」は何か、そしてどう伸ばしていくか。
 
前述した(1)ように、いきなり地域No1分野は何か
と言われても、かなり漠然としており、イメージしにくいと思いますが、
これは、「塾生人数」「価格」「立地」「生徒学力」
「授業内容」など、どのような分野でも良いです。

客観的に分析を行なってみて、他塾を圧倒しているなと
思える分野があったとしたならば、
例え、どんな分野であったとしても、
(=それがニッチな分野であったとしても)
自信を持って、外部へ(地域の人々へ)アピールしていきましょう。

そして、その地域No1分野に関しては、
そのままさらに伸ばしていきましょう。

ここで重要なことは、その分野は
「ある時点で」 No1ということでは無く、
『 常に 』 地域No1でなくてはならない
ということです。

つまり、地域No1分野に関しては、
毎年、今までの施策を継続するだけでなく、
他の塾が追い付けないようにするために、
さらなる施策をプラスするなど、
常にバージョンアップを繰り返す
ことが重要です。




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。