プロフィール

第三社労士

Author:第三社労士
小売業・サービス業・塾講師などで勤務してきた平凡な人間が、社会保険労務士となり奮闘している雑記です。塾の運営、学習塾選びのポイントなど記述していきます。

PRです
兄弟姉妹サイトです。
『 普通の社労士が独立したら 』

社労士として独立開業してから得られた 『 社労士関連 』 『 他士業との連携 』 『 求人・起業・転職 』 『 各種業界の裏情報 』 等の「お役立ち情報」について書いてます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
feedly
follow

今どきの塾講師 「 教え方をレベルアップさせるには⑤ 」

2018/06/11 18:13:52 | 今どきの塾講師 「 教え方をレベルアップさせるには 」 ① ~ ④ | コメント:-件

前述のことを行なっている、私の知り合いの個別塾では、
各講師から社員に対しての
「ある授業で使うプリントの準備、生徒への連絡」
というコミュニケーションを円滑にするために、
個人連絡帳
を備え付けています。

話をするだけでは、(時間が経つと)内容を忘れてしまう、
きちんと内容が伝わっていない(内容を勘違いして理解してしまう)、
ということが発生しやすいため、
視覚的に残すことが出来るこの連絡帳が、大変役に立っているそうです。

ただ、私の経験では、
こういった授業周辺の雑務というのは、
授業に全く関係無いということでは無く、
繰り返し行なうことによって、
授業の進め方などにつながる
新しい気づきがあることが多い
です。

その気づきが、講師をレベルアップさせることが
多々ありましたので、こういったことも、
講師レベルの低下につながっているのではないかと思います。

前述の理由から、もちろん、研修期間は賃金を払うべきですから、
「研修期間」を少なく(ほとんどしない)ことによって
人件費を少なくするという塾本部の考えは、
(塾運営の観点からすると)ある意味間違っているとは
言い切れないのですが、それを行なってきた結果が
現状(講師レベルの低下)を引き起こしていると考えると、
そろそろ見直しの時期に入っているのではないかなと思います。




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加