プロフィール

第三社労士

Author:第三社労士
小売業・サービス業・塾講師などで勤務してきた平凡な人間が、社会保険労務士となり奮闘している雑記です。塾の運営、学習塾選びのポイントなど記述していきます。

PRです
兄弟姉妹サイトです。
『 普通の社労士が独立したら 』

社労士として独立開業してから得られた 『 社労士関連 』 『 他士業との連携 』 『 求人・起業・転職 』 『 各種業界の裏情報 』 等の「お役立ち情報」について書いてます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
feedly
follow

社会人経験(4) ~(1)各地域の特色´´

2011/09/23 15:03:15 | 第三次産業関連 | コメント:0件

『この項においては、私の経験上の主観が多く含まれており、もしも、住んでいる住んでいる地域、女性・若年者など
これからの文章を読んで気を悪くした方がいられましたら、大変申し訳ございません。
差別などの意味はまったくありません。
現実で、以下のような内容を酒の席で女性の同僚に話したところ
ちょっとした喧嘩腰の討論状態になってしまったので、はじめに謝らせていただきます。m(_ _)m 』
 
③山形の人間は、基本、閉鎖的に過ごしているが、
 一度仲良くなると職場どころか休日にも一緒に出かけたり、
 家族ぐるみでの付き合いまで発展する。
⇒私が働いた中で、馴染むまでに一番苦労した地域です。
 私は、長年働いていた(約5年)方の後釜としてマネージャーになったのですが
 初めのうちは、何をやっても・言っても
 『昔のマネージャーは~~~~』という反論を受けていました。
 しかも、集合写真で確認したのですが
 私より若くてイケメンなのですから、どうしようも無かったですねw
 変化が見られたのは半年と言ったところでしょうか。
 山形の恒例行事『芋煮』参加に誘われたり
 温泉・そば・納豆汁などにお呼ばれされるようになりました。
 山形で自分の居場所を確保するには、とにかく時間が必要と思います。
※『そば』は山形のはとても美味しいので、今でも年に数回通っています。
 ただ、『納豆汁』だけは口に合わなかったですね。
 白米に納豆をかけて、普通に味噌汁を飲めば良いじゃないですかw
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する