プロフィール

第三社労士

Author:第三社労士
小売業・サービス業・塾講師などで勤務してきた平凡な人間が、社会保険労務士となり奮闘している雑記です。塾の運営、学習塾選びのポイントなど記述していきます。

PRです
兄弟姉妹サイトです。
『 普通の社労士が独立したら 』

社労士として独立開業してから得られた 『 社労士関連 』 『 他士業との連携 』 『 求人・起業・転職 』 『 各種業界の裏情報 』 等の「お役立ち情報」について書いてます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
feedly
follow

社長さんと話そう(3)’

2013/09/29 18:10:38 | 士業 | コメント:0件

じゃあどうしたらよいか、という話になるのですが、
いくら昨日の話のようなリスクがあるとしても
継続事業としてこれからも経営していくのだから、
従業員への投資はしなくてはいけません。
 
ということで、現在その会社さんは
若者チャレンジ奨励金という助成金を
受給するためのプログラムを実行中です。
 
この助成金は、簡単に言うと
『若年者層のニート・フリーター対策の助成金』です。
若年層を雇用したいという会社さんはたくさんありますが
やはり、自社業種での経験がまるで無いと、中々雇用できません。
よって、国が月15万円(給与のほとんど)を補助するので
補助期間中に、いろいろ教育してください。
というような助成金です。
 
金額だけを見ると、結構使ってみたい助成金かと思うでしょうが
この助成金を受けるためには、毎月130時間以上の教育時間
(OJT・OFFJT両方とも)が必要になるので、
若年者を受け入れる企業側に、『経験が豊富』で
『その若年者につきっきりになっても大丈夫』といった従業員がいないと
なかなか難しいところかと思います。
 
今回の造園業さんは、上記に当てはまっている企業の上、
助成金申請が完了したら、その金額でさらに資格をとらせてやりたい、
という考えですので、申請まできっちりサポートしたいと思っています。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する